Red Wonderland

我儘で傲慢な女

トップ

初めまして、くろこと申します。

USMのシーズン9から本格的にポケモンを始めました。

ボーマンダf:id:shar965:20180515040637p:plainを軸とした構築を使っています。

 

 

 

【戦績】

USM

 

S9 2114-53位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180515043740p:plainf:id:shar965:20180515041400p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20180515041408p:plain
S10 2155-4位 2155/2129-14位  
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180710175519p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180515041408p:plain
S11 2106-42位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180710175519p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180515041408p:plain
S12 2136-13位  
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S13 2117-17位  
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S14 2157/2107-70位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S15    2148-6位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180712092836p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S16    2154/2150-3位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S17    2178-1位 2140/2074-18位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20180515040637p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180515041353p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain

 

 

SWSH

 
S1   2297-7位
f:id:shar965:20200101212254p:plainf:id:shar965:20180905061520p:plainf:id:shar965:20200101212447p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plain
S2   2131-135位
f:id:shar965:20200101212254p:plainf:id:shar965:20180905061520p:plainf:id:shar965:20200101212447p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20200101213209p:plainf:id:shar965:20200327095147p:plain
S3   2172-18位 2167-27位
f:id:shar965:20200301210106p:plainf:id:shar965:20200301210109p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:shar965:20200301210127p:plainf:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20200327133617p:plain
S4   2183-11位
f:id:shar965:20200327100158p:plainf:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20200101213209p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:shar965:20180710205457p:plainf:id:shar965:20200327100255p:plain
S5   2201-3位 2187-5位
f:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:shar965:20200101213209p:plainf:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plain
S6 2218-1位
f:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20180905064853p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plainf:id:shar965:20200101213209p:plainf:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plain
S7 2108/1962-341位
f:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20200629100359p:plainf:id:shar965:20200810161723p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:shar965:20200629100341p:plain
S8 2228-2位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20200802064451p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plain
S9   2144/1975-414位
f:id:shar965:20190118214847p:plainf:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20200802064451p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200301210120p:plain
S10 2168/2099-52位
 f:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20190709002316p:plainf:id:shar965:20200926162939p:plainf:id:shar965:20200301210127p:plainf:id:shar965:20200327100255p:plainf:id:shar965:20200327133611p:plain
S11 2159-1位
f:id:shar965:20201101214119p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20190709002316p:plainf:id:shar965:20200301210127p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:shar965:20201101214247p:plain
S12 220X/2176-4位 215X/2129-28位
f:id:shar965:20200301210132p:plainf:id:shar965:20201202084721p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plain
S13 2164-2位 215X/2132-11位
f:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20201231025752p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain
S14 2153-1位
f:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20201231025752p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain
S15 2125-16位
f:id:shar965:20210305031409p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20200331121340p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plain
S16 2159-1位 2149-2位
f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20200331121335p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210704180557p:plain
S17 2024-47位
f:id:shar965:20180905064827p:plainf:id:shar965:20210704180935p:plainf:id:shar965:20201231025752p:plainf:id:shar965:20200802064451p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain
S18 2064-29位
f:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain
S19 2105/2101-3位
f:id:shar965:20210704181415p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain
S20 2061/1952-159位
f:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20220105071603p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20220105071609p:plain
S21 2131/1997-430位
f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20220101124320p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20220105071925p:plain
S22 2176-1位
f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20211005093357p:plainf:id:shar965:20180515041400p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plain
S23 2065/1969-236位
f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20211005093357p:plainf:id:shar965:20180515041400p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plain
S24 2091/2034-26位
f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20200331121335p:plainf:id:shar965:20220105072523p:plainf:id:shar965:20190118214847p:plain
S25 2142-1位
f:id:shar965:20220101124100p:plainf:id:shar965:20220101124320p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20220101124236p:plain



 


 

 

 

 

Twitter:@shar_poke

【SWSH】シーズン26使用構築 皇都ラグネクロ【最終2135-1位】

f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20200331121335p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210704180557p:plain

 

使用TN:かく ソード
成績:最終2135-1位 最終2029-43位

 

 現環境はザシアンとカイオーガが非常に多く最終1位を狙うためにはこの2体に対して高い勝率を保ち続けることが必須と判断。そこでザシアンとカイオーガの最低どちらからには有利な伝説枠を探した結果日食ネクロズマとムゲンダイナが候補にあがった。ムゲンダイナ構築を試行錯誤していると取り巻きや構築のパワーが高いザシアンを一般枠で完璧に対策するのは不可能と感じたため、ザシアンを日食ネクロズマで対策し一般枠でカイオーガを対策することで解決することにした。カイオーガに軸に対しては最速珠ボルチェンサンダーが刺さるとうわっきーさんに教えてもらったためネクロと合わせて構築を組み始めた。

 

 

【構築のコンセプト】

・ザシアンとカイオーガに対して勝率9割を保つ
・交代や対面操作技を駆使しながらダメージレースに勝つ
・上位帯で絶対に勝てない構築を作らない

 

【採用順】

f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20200331121335p:plainf:id:shar965:20210704180557p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plain



f:id:shar965:20210704180555p:plainネクロズマ@ラムのみ
特性:プリズムアーマー
性格:腕白
努力値:204(252)-178(4)-177(108)-x-130(4)-115(140)
技構成:メテオドライブ サイコファング 竜の舞 朝の陽ざし

 竜王戦最強の結論伝説ポケモン。環境トップのザシアン構築に対して後述するラグラージと一緒に選出することで無類の強さを誇る。物理竜舞型か特殊瞑想型にするか悩んだが、今回は対ザシアン構築を意識しているため「あくび+ステルスロック」と合わせて1度展開したら止まりにくい竜舞型での採用。「メテオドライブ+竜の舞+朝の陽ざし」は確定として、今回はタイプ一致高打点+ドヒドイデロトム意識+壁構築を簡単に処理できる「サイコファング」。タイプ特性耐久技全てが最強でサイクルも回しやすく使っていて非常に楽しいポケモンであった。

 

 

f:id:shar965:20181108110411p:plainサンダー@命の珠
特性:プレッシャー
性格:臆病
努力値:165‐x-106(4)-177(252)-110-167(252)
技構成:ボルトチェンジ 暴風 熱風 羽休め

 既存の日食ネクロズマ構築ではサンダーがサポート型だったためvsカイオーガや鋼といった伝説枠の日食ネクロズマが通しにくい構築に対して一方的に負ける展開が多かった。この問題を「プレッシャー+最速命の珠」で採用することで全て解決した。具体的にはサンダーの特性:プレッシャーで相手のカイオーガの型を判別しサンダーより早かったらダイマックス、遅かったら「ボルトチェンジ→ウオノラゴン」といった安定行動で対処することができる。日食ネクロズマ構築はサンダーの火力が低いと思われてることも多く今回の最終1位に最も貢献した最強ポケモンだった。

 

 

f:id:shar965:20201003181208p:plainウーラオス@こだわりハチマキ
特性:不可視の拳
性格:陽気
努力値:175-182(252)-120-x-81(4)-163(252)
技構成:暗黒強打 インファイト 燕返し 怖い顔

 日食ネクロズマ構築ではお馴染みの鉢巻悪ウーラオス。サンダーやラグラージといった対面操作ポケモンや釣り交換を駆使しながら相手の鋼や耐久ポケモンを崩していく。「暗黒強打+インファイト」までは確定として素早さを上げることで受けムゲンダイナや黒バドレックスまで貫ける「燕返し」、最後の1枠には「ストーンエッジor不意打ち」が採用されることが多いが、ダイマックスを使った時に相手のターン枯らしや「ダイウォール→ダイジェット→ダイウォール」などでエースとして運用できるように「怖い顔」を採用した。実際の対戦では勝ちに直結する「ダイウォール」を何度も使えたため採用して正解だった。

 

 

f:id:shar965:20200331121335p:plainウオノラゴン@こだわりスカーフ
特性:頑丈顎
性格:陽気
努力値:165-142(252)-121(4)-x-100-139(252)
技構成:エラがみ 逆鱗 けたぐり 眠る

 構築の組み始めの珠サンダーと合わせてカイオーガ構築をいじめられる脳筋ポケモン。現環境のカイオーガ軸にはナットレイが採用されていることが少なくスカーフカイオーガで対面雷、強引なダイマックスといった動きで処理してくるためそこを上手くいなすと簡単に勝つことができる。仮にナットレイいてもその場合はサンダーが通るため問題ない。竜王戦環境から使い始めたポケモンだが相手のウオノラゴンや構築が低速よりなため、上から強力な一撃を打てるウオノラゴンは非常に構築とあっていた。

 

 

f:id:shar965:20180710174910p:plainポリゴン2@しんかのきせき
特性:アナライズ
性格:穏やか
努力値:191(244)-x-132(172)-126(4)-137(76)-82(12)
技構成:れいとうビーム シャドーボール 身代わり 自己再生

 伝説環境で愛用している調整のみがわりポリゴン2。無振りナットレイの120攻撃を「みがわり」が耐える調整であるものの実際の対戦では「状態異常」を防いだり黒バドレックスの攻撃を3耐えできたりと他の対面でも役に立つことが多かった。S15.16.22.23では「トライアタック」で採用していたが上位で一定数当たるジガルデ構築に強くでる為に「れいとうビームに」変更した。ダイマックスを使った時に弱いことを懸念していたがシーズン通してポリゴン2には1度もダイマックスを使う展開がなかったため問題なかった。伝説環境ではあまり強くないのが悲しい。

 

 

f:id:shar965:20210704180557p:plainラグラージ@オボンのみ ※S個体値0
特性:激流
性格:呑気

努力値:207(252)-130-151(220)-x-115(36)-58
技構成:クイックターン まもる あくび ステルスロック

 日食ネクロズマと合わせてザシアン構築を対策するポケモン。S24ではこの枠をカバルドンで採用していたが、冷静に対戦を思い出してみるとカバルドンを寝かせてでも強引に処理してくる人が多い+一方通行な展開になりがちでザシアンに全然勝ててなかったことに気づきラグラージに戻した。「オボンのみ+まもる」は相性がそこまで良くないように見えるが、特化じゃないザシアンの「じゃれつく×2」を耐えることができたり無振りサンダーの「暴風→ダイジェット」を「ダイジェット」のタイミングで「まもる」ことで「オボンのみ」を発動して確実に耐えることができるといった使い方ができる。他にも「珠ダイジェット×2」で寝かせてでも処理してくる相手に「あくび→まもる→ステロ」の動きなども。相手の物理エースの誤魔化しや「クイックターン」からの対面操作が強力だったためシーズン26はラグラージが非常に刺さっていた。

 

 

【構築の要点】

・環境へのメタ貼りf:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plain

 構築作成経緯に書いてある通りシーズン26環境ではザシアンとカイオーガが非常に多かった。この2体に対して勝率を安定できない構築は上位を目指していく上では話にならないため、勝てる構成や有利になる立ち回りをある程度決めておくことで勝率を安定させることができる。ポケモンというゲームは得意な構築や1つの構築を極めるのも大事だが、環境によって少しずつカスタマイズしていく必要がある。

 

・練度の高い構築を使うf:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20210704180557p:plain

 竜王戦6ヶ月目ということで強い構築や強い動きがある程度わかっている。そこで0から構築や立ち回りを作るのではなく、自分が強いと思っている動きを構築に組み込むことが必要。本構築は最終日に急遽作成した構築であったが、元々過去シーズンで使っていた強い動きを取り入れていたため練度が非常に高く最後まで勝ち切ることができた。

 

 

 

 

f:id:shar965:20220202094022p:plain

 

 

 今回の結果で剣盾最終1位7回目+2期連続1位+最終1位2位といった目標にしていた全てを達成することが出来ました。2期連続1位のチャンスは今までにもありましたが、どのシーズンも全く届くことはなかったので最終1位とれて嬉しいです。シーズン27からは7ヶ月伝説2体のルールでモチベが継続できるか怪しいですが剣盾終わるまでに最低1回は最終1位をとりたいので頑張りたいと思います。最終1位までの対戦動画をYoutubeで公開するのでよければそちらも見ていただけると嬉しいです。閲覧ありがとうございました。

 

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UC4e7rsaJW-M7vr55lsDMjYQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SWSH】シーズン25使用構築 顕現ホウオウランド【最終2142-1位】

f:id:shar965:20220101124100p:plainf:id:shar965:20200327101939p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20220101124236p:plain

 

使用TN:ゆうた Scholesy
成績:最終2142-1位 最終1949-194位

 

 シーズン25はモチベーションが非常に高かったため序盤から色々な構築を試しながら環境把握をすることにした。対戦を重ねて行く中でイベルタル+歌うラッキー等の構築が特に多いと感じたため安定行動だけで勝てる構築作りを目指した。vsイベルタル1番の課題は物理と特殊両対応することなので「チョッキホウオウ+HBランドロス+@1」で選出択にならずに対応できると判断。ホウオウ+ランドロスだけでは少しイベルタルが怪しい+取り巻きの受けポケモンを崩すのが難しい+ウーラオスがきついため「渦潮挑発怒りカプ・レヒレ」を組み込むことにした。次にカイオーガが多いと感じたため全てのオーガに対して対応できる選出を脳内で考えたところ「ホウオウ+ランドロス」の選出に加えて「貯水ガマゲロゲ」で完封できると思いこの4匹をベースに微調整を続けていった。

 

 

【構築のコンセプト】
・環境に多いイベルタルカイオーガに安定行動で全て勝つf:id:shar965:20210704180935p:plainf:id:shar965:20210305031409p:plain
・常に数的有利+交代を絡め「再生力ホウオウ」を活かすf:id:shar965:20220101124100p:plain
・環境トップのサンダーに対して触れずに全対応をするf:id:shar965:20181108110411p:plain

 

【採用順】

f:id:shar965:20220101124100p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plainf:id:shar965:20220101124320p:plainf:id:shar965:20220101124236p:plain

 

 

f:id:shar965:20220101124100p:plainホウオウ@突撃チョッキ
性格:意地っ張り
特性:再生力
実数値:209(220)-198(236)-111(4)-117-175(4)-116(44)
技構成:聖なる炎 ブレイブバード 地震 ギガドレイン

 シーズン25の結論伝説ポケモン。ホウオウはステルスロックが4倍ではいるため基本的に「厚底ブーツ」や強力なダイマックスエースとして使える「命の珠」を持たされることが多いが、今回はイベルタルを全対応するというコンセプトから「突撃チョッキ」での採用。どのくらい耐久があるかというとカイオーガにお互いにダイマックスを撃ち合っても勝てる、ジオコントロールを積んだ(C+2)電気技持ちゼルネアスに後投げから勝てる、特殊イベルタルダイマックスで撃ち合っても勝てる、といった異常耐久をしている。特性:再生力がとにかく最強で2体以上残っていれば無限に体力を回復させながら「聖なる炎」の追加効果を相手に押し付けていくことができる。相棒のドヒドイデが伝説になって帰ってきた。最強。

 

 

f:id:shar965:20200327101939p:plainドラパルト@拘り鉢巻
性格:陽気
特性:すり抜け
実数値:163-172(252)-95-x-96(4)-213(252)
技構成:不意打ち ドラゴンアロー ゴーストダイブ 蜻蛉帰り

 軸のポケモンが低速+ホウオウがメテビムゲンダイナに勝てないため高速アタッカー+裏まで一貫しやすいポケモンとして採用。ムゲンダイナ構築はフェアリータイプが入っていないことが多かったため、ムゲンダイナがスカーフじゃないか見極めてから展開することを意識した。色々なスカーフ枠やタスキ枠で対策することも考えたが、本構築はウツロイドが非常に重たいため一撃で倒すことができるドラパルトが1番強いと感じた。

 

 

f:id:shar965:20180710192240p:plainランドロス@オボンのみ
性格:腕白
特性:威嚇
実数値:196(252)-165-156(252)-x-100-112(4)
技構成:地震 空を飛ぶ 岩石封じ 剣の舞

 ホウオウと合わせることで真価を発揮する構築の組み始め。コンセプト通り物理イベルタルやエースバーンを見るために物理受けは確定とし、相手のランドロスが少し厳しい+積みエースが欲しかったため「剣の舞」を採用した。サンダーがランドロスに対して選択してくる技は「暴風」or「ダイジェット」になるためホウオウ引きが安定してそこから負荷をかける動きも強力。優秀な特性とタイプを最大限いかすことができた。

 

 

f:id:shar965:20181106234114p:plainカプ・レヒレ@食べ残し
性格:図太い
特性:ミストメイカ
実数値:177(252)-x-179(220)-115-150-110(36)
技構成:渦潮 ムーンフォース 自然の怒り 挑発

 ホウオウランドロスと組み合わせることでイベルタルや受け構築への解答となるポケモン。「渦潮」を読まれることがほとんどなく、耐久ポケモンをバインドして「自然の怒り+挑発」で崩しに行くことかできた。最終日に「自然の怒り+渦潮」を外しまくり何度も暴れていたがなんとか耐えきることができた。仮にドヒドイデやラッキー等に渦潮を避けられたとしても強引な引き先としてイベルタルが出てくることが多く、イベルタルをバインドしてダイマックスして倒すことも。技を当てれば最高のポケモン

 

 

f:id:shar965:20200101212621p:plainガマゲロゲ@フィラのみ
性格:穏やか
特性:貯水
実数値:207(212)-x-107(92)-105-133(204)-94
技構成:熱湯 まもる 毒々 ステルスロック

 ブス。この枠はウオノラゴンを始めとしたカイオーガ軸に刺さるポケモンを考えていたがが、ナットレイに引かれたりHBサンダーが強引に電磁波で麻痺をいれてきたりする動きが多かったため最終的にはガマゲロゲを採用。ガマゲロゲの強みは有利対面ができると必ず裏に負荷をかけられること。毒がサンダーに通ればホウオウで粘るだけで倒せる、ステルスロックを撒ければ裏に採用されやすいガブリアスの「きあいのタスキ」を潰すことができる、といった強い動きができる。構築で重いロトム系統にも強かったため採用して正解だった。

 

 

f:id:shar965:20220101124236p:plainメタモン@拘りスカーフ
性格:陽気
特性:変わり者
実数値:155(252)-x-x-x-x-110(252)
技構成:変身

 黒バドレックスとザシアンをあまりにも舐めていたため採用したくなかったが採用。サブロム(Scholesy)ではウオノラゴンを拘りスカーフ、メタモンきあいのタスキで使っていたが誇張抜きで同速負け8割はあったため急遽ウオノラゴン→ガマゲロゲ きあいのタスキ→拘りスカーフに変更。拘りスカーフで全抜きしたことは無いが立ち回りが組み立てやすかったのが強かった。タスキを持たせてるやつはやっぱりバカ。

 

 

 

【構築の要点】
・環境へのメタ貼り f:id:shar965:20220101124100p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20181106234114p:plainf:id:shar965:20200101212621p:plain

 毎シーズン流行するポケモンが存在いるためそこに対して勝率をどれだけあげれるかが大事になってくる。今回は「イベルタルカイオーガ」だと思いそこに対して強い「ホウオウ」を選択して実際にかなり刺さっていた。予め選出や立ち回りを脳内で決めておくことで試合展開が曖昧になることがなく、安定した勝率を稼ぐことができた。

 

・安定したサイクルと詰め筋 f:id:shar965:20220101124100p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plain

 ホウオウの再生力+ランドロスの威嚇は試合展開がわかりやすい+誤魔化し性能が非常に高いため詰め筋が計算しやすい。伝説環境はダイマックスのパワーも非常に高いためダイマックスをいなすのは至難の業だが、このように物理特殊誤魔化しながら両対応できる選出は非常に強力だった。もちろん受けられないポケモンや構築相性上厳しいポケモンもいるがそこは「聖なる炎」や臨機応変ダイマックスで対応することも可能。

 

 

 

 

f:id:shar965:20220102162253j:plain

※レンタル構築は後日Youtubeのメンバー限定で公開します

 

 

 今回は環境に多いポケモンに全て勝つ、というコンセプトで構築を組みましたが無事に成功して最終1位をとることができて嬉しいです。構築の完成度としては60点くらいですがシーズン25環境だけでいえば85点はあったのかな~と思っています。重いポケモンや厳しい構築も多く存在していましたが、環境と選出と立ち回りを全て嚙合わせることでやっと五分以上の勝負をすることができるので使用難易度が高いのもあり、シーズン26では勝ち切れる構築ではありません。最終1位までの対戦動画をYoutubeで公開するのでよければそちらも見ていただけると嬉しいです。閲覧ありがとうございました。

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UC4e7rsaJW-M7vr55lsDMjYQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SWSH】シーズン22使用構築 愚鈍ザシガモス【最終2176-1位】

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20211005093357p:plainf:id:shar965:20180515041400p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plain

 

使用TN:Devil Doll ACE+
成績:最終2176-1位 最終2029-129位

 

 懲りずにネクロズマ研究会をしていたが、中々思った通りに勝てず途方に暮れていたところ友人に「ザシアンというポケモンが強い」と教えてもらったのでザシアンを使うことにした。

 

【構築のコンセプト】
・各禁止伝説に対して予め選出と立ち回りを決めて構築勝ちを狙う
・見えにくい+汎用性のあるポケモンで固める
自分の力量で最大限対応できるようにする

 

【採用順】

f:id:shar965:20210928050052p:plainf:id:shar965:20180905064827p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20210928050725p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180515041400p:plainf:id:shar965:20211005093357p:plain 
※組み始めはシャンデラ、最終的にウルガモス

 

f:id:shar965:20210928050052p:plainザシアン@モナド
性格:陽気
特性:不撓の剣
実数値:199(252)-205(116)-136(4)-x-137(12)-202(124)
技構成:巨獣斬 じゃれつく 炎の牙(インファイト) 剣の舞 

 強いと教えてもらった伝説枠。シーズンを通して使うのは初めてだったが、圧倒的な素早さ+火力で無双していたのを見て禁止伝説界最強といわれるもの納得した。「巨獣斬+じゃれつく+剣の舞」は確定とし、最後の枠には「炎の牙」と「インファイト」で試行錯誤していたが「インファイト」にするとメタモンにコピーされた際に後続のトリトドンまで貫かれてしまう展開が多々あったため最終的には「炎の牙」に変更した。構築のパワーが高かったおかげかサンダーに触れる回数が0~1回、多くて2回だったため運負けを起こしにくかった。

 

f:id:shar965:20181108110411p:plainサンダー@きあいのタスキ
性格:臆病
特性:静電気
実数値:165-x-106(4)-177(252)-110-167(252)
技構成:10万ボルト ボルトチェンジ 暴風 熱風 

 今期の暴風運ゲ枠。「きあいのタスキ」を持たせることで自分視点のみ強気に動くことができるため相手のミスリードを狙うことできる。「こだわりスカーフ」型と同じ構成をしているため、10万ボルトをみるとスカーフ前提で交代される、スカーフを持っていない居座りヒヒダルマが気づいたら倒れてる、など。汎用性を保ちながら環境に刺さっていたため勝ちに大きく貢献してくれていた。拘ってない暴風は強い。

 

f:id:shar965:20211005093357p:plain化身ランドロス@命の珠
性格:勇敢
特性:力ずく
実数値:169(36)-194(252)-110-135-100-134(220)
技構成:地震 大地の力 岩雪崩 馬鹿力

 終盤ホウオウ軸が急増してたため、対策を考えていたがなかなか浮かばずに最終6位に相談していたところ化身ランドロスで受けループを倒せると教えてもらったので採用。「地震+大地の力」を両採用することで「まもる+みがわりムゲンダイナ」にPPが枯らされなくなると聞いて感動した。物理特殊両方火力を出したかったため「勇敢+素早さ振り」で2100から使用したが、現実は「ホウオウに上を取られて聖なる炎をうたれる(焼けなくて勝利)」、「そもそもこのポケモンが没ポケモン」といった始末だった。2ターンキルで勝利には貢献したが総評アホ。

 

f:id:shar965:20180515041400p:plainウルガモス@こだわりスカーフ
性格:臆病
特性:炎の体
実数値:161(4)-58-98(100)-176(164)-126(4)-165(236)
技構成:炎の舞 オーバーヒート 蜻蛉帰り 吹き飛ばし

 シーズン22の解答ともいえる最強ポケモン。ザシアンミラーやザシアン軸に強いとされる「マンムー」を誘いながら「対面処理+特攻上昇」することで圧倒的な強さを見せた。ウルガモスの体力がミリでも構築にサンダーをちらつかせることで「電光石火」は1度も打たれずに3ターンで対戦が終わることも多数。技は「炎の舞+オーバーヒート」があれば9割は困らなかったので不快なバトンを流す「吹き飛ばし」、相手の体力が少しの時に突っ込みor交代に両対応できる「蜻蛉帰り」を採用した。もちろん炎の体も強い。

 

f:id:shar965:20180710174910p:plainポリゴン2@進化の輝石
性格:穏やか
特性:アナライズ
実数値:191(244)-x-132(172)-126(4)-137(76)-82(12)
技構成:トライアタック イカサマ 自己再生 怪電波 

 下から2番目にいつもいる枠。黒バドレックスやゼルネアスといったザシアンが怪しい相手に対してある程度誤魔化すことができる。快電波を採用することで構築が誘うウルガモスや高火力特殊を返り討ちにしながら降参まで持って行ける。選出画面の圧力+優秀なタイプ+技範囲を持っているため環境に合わせて使うことで最強のポケモンになるといつも感じている。

 

f:id:shar965:20210928050725p:plainトリトドン@食べ残し
性格:図太い
特性:呼び水
実数値:218(252)-x-132(252)-112-103(4)-59
技構成:熱湯 大地の力 自己再生 あくび

   シーズン22ではなくダイマなし(シリーズ11)の結論ポケモン。優秀なタイプ+特性があることでどんな構築にも投げれて対面操作+削りそして詰め性能がある高スペックポケモン。ザシアンを対策しているHBサンダーに対して非常に強く、暴風に後投げからあくびで流しつつ裏に攻撃をすることであらゆる相手がザシアン圏内にいれることができる。数値が低いという理由で過小評価されているポケモンだったが、そんなことは全くない。ダイマなしルールの殴れる残飯カビゴン

 

 



【SWSH】シーズン19使用構築 鎧ポリドヒド【最終2101-3位】

f:id:shar965:20210704181415p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain

 

使用TN:SFB いばらひめ
成績:最終2101-3位 最終1963-138位

 

 シーズン19で使っていた「HDランドロス+HBドヒドイデ」の対応範囲が広く軸として続投。不利な状況になっても自分の力量や構築の力で切り替えせる構築を目指し完成をさせた。

 

【構築のコンセプト】
・ダメージレースで有利をとりサイクル勝ちをする
・補助技や特性を絡めて相手を詰ませる
・自分の力量で最大限対応できるようにする

 

【採用順】

 f:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plainf:id:shar965:20210704181415p:plain

 

f:id:shar965:20210704181415p:plainラティアス@ラムのみ
性格:臆病
特性:浮遊
実数値:175(156)-x-113(20)-140(76)-151(4)-178(252)
技構成:サイコショック 波動弾 瞑想 自己再生

 最後の1枠に入ってきたマスコット枠。かなり珍しい技波動弾を採用することで本来ラティアスを止めてくる悪ウーラオスバンギラスといったポケモンを誘殺することができる。アイテムはあくびや催眠術といった状態異常に耐性をつけれるラムのみ。素早さが早い事で上から縛られる不利なサイクルを拒否することができ素晴らしい活躍をしてくれた。

 

 

f:id:shar965:20180710192240p:plainランドロス@オボンのみ
性格:慎重
特性:威嚇
実数値:196(252)-166(4)-111(4)-x-140(220)-115(28)
技構成:地震 空を飛ぶ 岩雪崩 剣の舞

 構築の組み始め。HDに寄せることでサンダー対面剣の舞を選択できるくらいの耐久がある。特性威嚇がとても優秀でポリドヒドの課題である「思念の頭突きエースバーン」にも負けなくなり、安定したサイクル戦を回すことができる。防御方面は薄く物理相手に対しては隙を見せてしまうためできる限り威嚇+後続のポケモンで詰めることを意識した。

 

 

f:id:shar965:20210704181446p:plainヒードラン@風船
性格:臆病
特性:貰い火
実数値:191(196)-x-127(4)-156(44)-128(12)-141(252)
技構成:マグマストーム ラスターカノン 大地の力 挑発

 マグマストームを採用して結果を残している人間は全員上振れ。と思わせるレベルの運ゲポケモン。しかし風船を持たせることで全てのヒードランに対して見えない後投げを可能とし、取り巻きのポリドヒドを介護することができる。シーズン中盤まではヒードランクレセリアが大量発生していたため活躍の機会は多かったが終盤はいなくなったため選出機会は減った。選出した場合は活躍してくれたためもっと使われていいアイテムだと感じた。

 

 

f:id:shar965:20180515041405p:plainミミッキュ@拘りスカーフ
性格:陽気
特性:化けの皮
実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)
技構成:じゃれつく ゴーストダイブ 鬼火 トリック

 スイープ&詰ませ枠。扱いはかなり難しいが「鬼火やトリック」を絡めることで後続の受けポケモンでの詰め性能を飛躍的にあげることができる。タイプも非常に優秀でダイナックルやハチマキ逆鱗などの一貫をきることができる点も素晴らしい。剣盾で最終3桁をとった時全ての構築にいる疫病神。

 

 

f:id:shar965:20180710174910p:plainポリゴン2@進化の輝石
性格:控えめ
特性:アナライズ
実数値:191(244)-x-114(28)-154(116)-128(100)-83(20)
技構成:トライアタック 冷凍ビーム 身代わり 自己再生

 後述するドヒドイデのみでは火力のあるポリゴン2に対して安定しないと思いポリゴン2でも対応できるように「みがわり」型で採用。火力があることでウーラオスやエースバーンに対してもダイマックスの選択肢があるのも立ち回りやすい。毒or鬼火やトリックを絡めて如何に最後まで詰め切るかが重要だった。

 

 

f:id:shar965:20200810161756p:plainドヒドイデ@黒いヘドロ
性格:図太い
特性:再生力
実数値:157(252)-x-220(220)-73-167(36)-55
技構成:熱湯 トーチカ 自己再生 毒々

 いつもの最強ポケモンミミッキュを絡めることでいつもより詰めきれる展開が多くなり何度も相手を不快にさせた。熱湯火傷で勝ちに直結する試合はシーズン19では1度もなく、毒+トーチカでドヒドイデというポケモンの強さを最大限生かしきれた。

 

 

【構築の要点】

・威嚇&補助技+耐久ポケモンf:id:shar965:20180515041405p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plain+f:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20200810161756p:plain

  従来のポリゴン2+ドヒドイデでは相手のポケモンを完全に受けきることがほぼ不可能だったため攻めポケモンをいれて受けから攻めに転じる、攻めてから受け回すといった立ち回りをしていたが、威嚇や補助技を絡めることで主に受け回しで詰める展開をとれた。運要素が絡むことも多かったが安定行動で詰めきれる対戦も多く勝率を伸ばしていくことができた。

 

・相手から見えない勝ち筋 f:id:shar965:20210704181415p:plainf:id:shar965:20210704181446p:plain

 今回は波動弾ラティアスと風船ヒードランといったしっかりと役割を持ちながら汎用性もある珍しいポケモンを採用することで相手視点のみ対応することができないということが頻繁におきていた。一発芸で勝ちを拾う構築やポケモンも悪くはないと思うが別に強くはないため、再戦が頻繁に起きる現ルールでは対応力を広げることが大切である。

 

 

f:id:shar965:20210708171348p:plain

 

 

 今回は最終3位という自分の中では最低限の結果をとることができました。しかし構築の完成度もそこまで高くなかったため使用難易度が歴代で1番高く、運や経験で誤魔化している展開があまりにも多かったです。何度も2100から潜っても勝てなかったり最終1位に届かなかったのは当然だと思います。来期からルールが変わるということで恐らく最後の冠環境終盤やる気があったらまた最終1位を目指して取り組んで行きたいと思います。閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SWSH】シーズン16使用構築 古代ラグネクロ【最終2159-1位 最終2149-2位】

f:id:shar965:20210704180555p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20201003181208p:plainf:id:shar965:20200331121335p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20210704180557p:plain

 

使用TN:アネモネ Colony9
成績:最終2159-1位 最終2149-2位

 

 

f:id:shar965:20210704180555p:plainネクロズマ@食べ残し
特性:プリズムアーマー
性格:腕白
努力値:204(252)-178(4)-166(28)-x-140(84)-115(140)
技構成:メテオドライブ シャドークロー 竜の舞 朝の陽ざし

 

 

f:id:shar965:20181108110411p:plainサンダー@ゴツゴツメット
特性:静電気
性格:臆病
努力値:191(204)-x-107(12)-150(36)-111(4)-167(252)
技構成:ボルトチェンジ 暴風 怪電波 羽休め

 

 

f:id:shar965:20201003181208p:plainウーラオス@こだわりハチマキ
特性:不可視の拳
性格:陽気
努力値:175-182(252)-120-x-81(4)-163(252)
技構成:暗黒強打 インファイト 燕返し ストーンエッジ

 

 

f:id:shar965:20200331121335p:plainウオノラゴン@こだわりスカーフ
特性:頑丈顎
性格:陽気
努力値:165-142(252)-121(4)-x-100-139(252)
技構成:エラがみ 逆鱗 けたぐり 寝言

 

 

f:id:shar965:20180710174910p:plainポリゴン2@しんかのきせき
特性:アナライズ
性格:穏やか
努力値:191(244)-x-132(172)-126(4)-137(76)-82(12)

技構成:トライアタック シャドーボール 身代わり 自己再生

 

 

f:id:shar965:20210704180557p:plainラグラージ@オボンのみ ※S個体値12~13
特性:激流
努力値:207(252)-130-151(220)-x-115(36)-63
技構成:クイックターン まもる あくび ステルスロック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SWSH】シーズン15 使用構築 オーガサンダー【最終2125-16位】

f:id:shar965:20210305031409p:plainf:id:shar965:20181108110411p:plainf:id:shar965:20180710192240p:plainf:id:shar965:20200331121340p:plainf:id:shar965:20180710174910p:plainf:id:shar965:20180710174313p:plain

 

使用TN:アカモート メリア
成績:最終2125-16位 最終2013-141位

 

 知り合いのレンタルチームを使用したところ簡単に2000に到達したため強い動きを残しながら弱い動きやポケモンを除き構築を完成させていった。

 

【構築のコンセプト】
・全ての伝説に対して五分以上の戦いをする。
・選出画面でタイプの一貫をきることで相手視点のみ択にさせる。
・自分のプレイングで勝つ。

 

 

f:id:shar965:20210305031409p:plainカイオーガ@とつげきチョッキ
性格:控えめ
特性:雨降らし
実数値:201(204)-x-111(4)-222(252)-161(4)-116(44)
技構成:潮吹き 熱湯 雷 冷凍ビーム

   後述するヒヒダルマポリゴン2と合わせることで相手のカイオーガ軸に有利をとれる「とつげきチョッキ」持ち。雨を振らせることで「雨+サンダー」でエースバーンに対して強く出れる単体以外で強いのも評価ポイント。特殊との撃ち合いには滅法強く「命の珠サンダー」とダイマックスをお互い切りあっても勝てる異常耐久。ダイマックスした時も非常に強く「タイプ一致威力150」を出せるため伝説枠としてうまく機能してくれた。

 

f:id:shar965:20181108110411p:plainサンダー@ゴツゴツメット
性格:図太い
特性:静電気
実数値:197(252)-x-150(252)-145-111(4)-120
技構成:ボルトチェンジ 暴風 熱風 羽休め

   物理アタッカーに対して相手視点見えない削りをいれることが特性の「静電気」と合わせて強いと感じたため「ゴツゴツメット」を採用。「熱風」はドリュウズナットレイに対して隙を見せないように採用。でもキモイ。「静電気」を引けば勝ち、「暴風」を当てれば勝ち、の場面が多発し最終日は全然引けずに負けた。世界最低の運ゲポケモン

 

f:id:shar965:20180710192240p:plainランドロス@オボンのみ
性格:意地っ張り
特性:威嚇
実数値:196(252)-187(36)-134(188)-x-101(4)-115(28)
技構成:地震 空を飛ぶ 岩石封じ 剣の舞

   カイオーガ軸に出てくるレジエレキを初めとした電気の一貫切り枠。威嚇を絡めることでエースバーンに対して強めなのもGood。受け出して対面操作するランドロスは圧が掛からず弱いので剣の舞をいれて崩し性能も持たせた。あまり選出をするポケモンではなかったが、選出画面での圧力や出しどころを間違えなければ活躍してくれる万能ポケモン

 

f:id:shar965:20200331121340p:plainヒヒダルマ@拘りスカーフ
性格:陽気
特性:五里霧
実数値:181-192(252)-75-x-75-161(252)
技構成:つらら落とし フレアドライブ 地震 蜻蛉帰り

   ウホウホ。環境トップのザシアンを命中安定で上からワンパンできる貴重なポケモン。拘りスカーフを持った蜻蛉帰り持ちは「サンダー(静電気)」を誘いやすいが、タイプ上誘いにくいのが素晴らしい。終盤電光石火を持ったザシアンしかいなかったのが向かい風で縛られることが多かったが軸としてしっかりと活躍してくれたポケモン

 

f:id:shar965:20180710174910p:plainポリゴン2@進化の輝石
性格:穏やか
特性:ダウンロード
実数値:191-x-132(172)-126(4)-137(76)-82(12)
技構成:トライアタック 冷凍ビーム 身代わり 自己再生

   伝説環境でも構築から抜けないポケモン。防御をここまで振ることでナットレイの120技(パワーウィップ)を「みがわり」が耐えることができ、そこから試合展開を握っていくことができる。シーズン15環境のナットレイカイオーガ受けとして扱われることが多かったためそこから見えない崩しを狙うことで簡単に勝つことができた。環境から向かい風でも完璧な調整と技構成にすることで活躍してくれる。

 

f:id:shar965:20180710174313p:plainギルガルド@食べ残し
性格:冷静
特性:バトルスイッチ
実数値:167(252)-79(68)-161(4)-99(156)-164(28)-72

技構成:シャドーボール アイアンヘッド キングシールド 身代わり

   伝説環境でも構築から抜けないポケモン2。上記のポケモン達で厳しい「ゼルネアス軸」や壁構築バトン構築に対して抗うポケモン。ゴースト+鋼のタイプが非常に優秀で柔軟なクッションとしても扱うことできる。